2015年04月09日

【4/9】本日の経済指標/指値の重要性

035.jpg


昨夜(今日の早朝?)のFOMC議事録公表、いかがでしたか?
内容は

3月17−18日開催の議事録では、6月に利上げに踏み切るべきか否かをめぐり当局者の間で意見が分かれたことが示された。
幾人かの参加者は6月会合での正常化開始を主張した一方、他の参加者は利上げは年後半にすべきであると論じた。また2人は、政策引き締めが適切となる経済情勢は2016年まで訪れない公算が大きいとの見解を示した。
Bloomberg

といったものでした。

これにともなって、発表のあった昨日27:00の米ドル/円の1時間足は
119.964から120.306まで走るってほどではなく、テクテクと歩くように
上昇しました。その後、長い上ヒゲを残して119.963まで下落してクローズとなりました。

更にその後はジリジリと値を上げていき、本日午前11:00には120.379に到達し、
この記事を書いている時点では、そこから10銭ほど下げたところでモジモジしていますね。

私は昨日の午前中に米ドル/円を119.883で買いで指値注文を入れておりましたので、
この注文がお昼過ぎに成立し、一旦マイナス圏にはいったものの、上記の上昇で
なんとかごちそうになりました(´∀`*)ウフフ

この指値注文ってのが大事なところでして、
チャートを睨みつけてエントリーするポイントを探ってると
どうにも的はずれなとこで注文しちゃうんですよね。

性格や向き不向きがあるかとは思いますが、
成行注文でどうもうまくいかないという方
指値注文を試してみるのもいいかもしれません。

本日の経済指標


本日は20:00発表のBOE政策金利および声明発表
BOE資産購入枠発表が注目です。

英ポンドがらみのトレードをする方はご用心。

英ポンド…あんま触ってないな〜。
ドッカンドッカン動くから苦手なんですよね…。

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう。

posted by 美鶴だお at 17:21 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

【4/8】本日の経済指標/いよいよ来たか?上昇トレンド

035.jpg




こちらの記事でも書いたのですが、相場を見るときは
短期・中期・長期で総合的に見ることが重要です。

で、その観点からすると(あくまで私個人的にですが)
ここ数日は待ち姿勢でした。

この記事を書いている時点でいうと、
日足で上昇トレンド
4時間足で上昇トレンド
1時間足で下降トレンド
となっています(これも私個人の判断ですが)。

つまり、1時間足が上昇トレンドに入ったら
いよいよ勝負どころかな〜なんて思っている
本日の午前中でした(*ノω・*)テヘ

本日の経済指標


今日は大きいのありますよ〜。

27:00発表のFOMC議事録公表です。

どっち方向かはわかりませんが、大きく動く可能性があるので、
この発表があるまでは上記のトレンドに従って
軽く買っておいて、発表後は流れについていく感じで…
というような方針で行ってみたいと思います。

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう。

posted by 美鶴だお at 11:19 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

【4/7】本日の経済指標/オージー円の爽やかさ

035.jpg


一時期はオージー円を好んでトレードしておりました。
最近はそうでもないんですけどね(*´σー`)エヘヘ

なんかね、そんなに得意なわけではないんですけど、
やってて気持ちいいんですよね、適切な表現じゃないかもしれませんが。

オーストラリアの経済指標の発表が午前中に集中しているので、
朝っぱらからFXトレードをしてるってのが気持ちいいのかもしれません。

米ドルがらみは夜9時10時くらいから盛んに動き出すので
勢い夜型になっちゃうんですよね〜。

というわけで、ライフスタイルを朝方にしたいときに
おすすめなオージー円のお話でした。

本日の経済指標


もう終わっちゃったんですけど、本日は午前中から
オーストラリアの重要な経済指標がふたつ続けてありました。

10:30の小売売上高13:30のRBA政策金利と声明発表です。
どちらも事前予想通りの結果となり、これにともなって
140Pipsほどの値動きがありました。

こういう早い時間にざっくり勝てると気持ちいいんですよね〜。

夜からは特に重要な指標発表はありません。
とはいえ、イースターの休暇が終わり市場参加者が
戻ってくる
でしょうから、どのような動きをみせるか
一応チェックです(特に動かないと見てますが、個人的には(ΦωΦ)フフフ…)。

posted by 美鶴だお at 16:51 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

【4/6】本日の経済指標/相場の3つのフェイズ

035.jpg


投資には3つのフレーズがあるとよく言われます。

1.買うとき
2.売るとき
3.休むとき

以上の3つです。

売り買いのタイミングを見計らうことが大事なのはもちろんですが、
私がもっとも意識しているのは休むときです。

チャートを開いてさあ今は売るときか買うときか…
う〜ん、わからん…よし、ここは思い切って買いで!
なんていう漠然とした取引をしたことはありませんか?

上がるか下がるかわからないなら、それは休むときです。
だって、わかんないんだからトレードのやりようが無いですよね。

どうしようか悩んだら、休む
是非、意識してみてください。

本日の経済指標


今日は特にこれといった発表はありませんねえ。
欧州の各マーケットもイースターでお休みですし、
私もお休みしようかな(´・ωゞ)

4/3の雇用統計でドル円が1円ほど下がっているので、
戻しがあるか、このまま下がっていくのかはウォッチしとこっと(・∀・)

posted by 美鶴だお at 12:46 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

【4/3】本日の経済指標

035.jpg


さあ、いよいよやってまいりました、第1金曜日!
しつこく書いておりますが毎月第1金曜日は米国雇用統計の発表がある日です。

毎月定期的にある発表のある指標の中では
最もインパクトが大きなものと言っても過言ではありませんので、
既にポジションを持っている方は
1.ストップロスの逆指値注文をきっちり入れておく
2.ポジションを小さくする
3.手仕舞っておく
などの対処をお忘れなく。

また、これからポジションを持とうとしてらっしゃる方は
くれぐれも慎重な行動を…

本日の経済指標


本日発表の経済指標に関しては上述のとおり
なんといっても21:30の米国雇用統計
なのですが、今回もう一つ注目したいのが
欧米諸国がイースター休暇に入っているという点です。

欧米の市場が休場になると、市場参加者が減り、
為替の流動性が低下します。

するとどうなるかといいますと…
プライスがすっ飛ぶ可能性があります。

そのタイミングで雇用統計の発表と来てますから
どうなることやら…

まあ、コレまでの似た状況ではそれほど
強烈な動きにはならなかったようですが、
そういう可能性も含んでいる…
ということをお忘れなく。

ちなみに私は、本日はお休みさせていただきま〜す(^.^;

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう

posted by 美鶴だお at 19:59 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

【4/2】本日の経済指標

035.jpg


FXトレードをしていると、経済に詳しくなる
なんてことがよく言われますが、たしかにそういう側面はあると思います。

「詳しくなる」というよりは、経済について「他人事と思わなくなる」
といったほうがより適切かもしれません。

それまではニュースなんかで経済について流れても
へ〜そうなんだくらいに思っていたのが、
自分の大事な資金を投資していると経済指標の
コンマ数%の違いに一喜一憂するようになりますよね。

また、地政学的な危機などに関してもかなり
アンテナが鋭くなることもあります。

たとえばロシアがウクライナに侵攻を開始したときには
大幅な値動きがありましたよね。

遠い異国で争いがあり、それは自分には関係のないこと
という感覚が、とたんに我が身に迫る危機として感じられるようになります。

このように、FXトレードを行うことは国際感覚を養う上で
大きな効果があると思うのですが、いかがでしょうか?

本日の経済指標


本日は20:30にECB理事会議事要旨が発表されます。
ユーロ絡みのトレードをされる方はご注意を。

とはいえ、昨日の記事で書いたように、明日4/3(金)は月に一度のお楽しみ、米国の雇用統計が発表されますので、やはりそれまでは様子見の方が多いのでは…というのがおおかたの思惑でしょうか。

お得なキャンペーンのお知らせ


ちょっとオトクな情報を耳にしましたので、皆さんにお知らせしておきます。
高速・安定の約定力で定評のあるMATRIX TRADERで有名なJFX株式会社がキャッシュバックキャンペーンをやっております。

キャッシュバックキャンペーンは各社がよく実施しているのですが、
達成条件がかなり厳しいものが多く、結局条件を満たせなかった…
なんて話はありがちです。

そんな中、JFX
ポンド円(GBP/JPY)→新規約定の合計20万通貨以上
豪ドル円(AUD/JPY)→新規約定の合計20万通貨以上
NZドル円(NZD/JPY)→新規約定の合計20万通貨以上
ユーロ円(EUR/JPY)→新規約定の合計20万通貨以上
ユーロ米ドル(EUR/USD)→新規約定の合計80万通貨以上
米ドル円(USD/JPY)→新規約定の合計80万通貨以上

という条件はかなり取り組みやすい条件といえるでしょう。

まだFXの口座をお持ちでない方、もう一つ口座開設を検討している方、
もう口座は必要ないと思っているけど、キャッシュバックが欲しい方など
どなたでもお試し下さいね。

↓キャンペーンの詳細はコチラから↓



posted by 美鶴だお at 16:58 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

【4/1】本日の経済指標

035.jpg


はい!今日から新年度ですね!

前年度のトレード戦績が良かった方も悪かった方も
また改めて頑張ってまいりましょう!

本日の経済指標


本日の注目は23:00発表の米国ISM製造業景況指数くらいでしょうか。
あと、いちおう21:15の米国ADP全国雇用者数も見ておいてもいいかもしれません。

まあ、なんといっても明後日4/3(金)には米国雇用統計が控えておりますので、
それまではそれほど動かないのかな〜と見ております。

ちなみに、最近FX口座を開設して4/3(金)が初めての第一金曜日だという方は
十分にご注意くださいね。

今まで経験したことがないほどプライスが動く可能性がありますので…

それまでにポジションを手仕舞うなり、
きっちりストップロス(損切り)を注文しとくなりしとかないと
痛い目にあうかもですよ〜。

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう。

posted by 美鶴だお at 18:48 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

【3/31】本日の経済指標

035.jpg


早いもので今年度も最終日ですね。
今年度の皆様のトレード戦績はいかがでしたか?

私の方はというと、まあ一応はトータルで利益は出ていますが、
かけた時間から考えるとあまり時間効率は良くなかったかな(つд⊂)エーン

ところで、前回の記事
その指標が1時間足や4時間足でも上昇トレンドを表しているかを確認してから
エントリーするかどうかを決心することをおすすめします。

ということを書いたのですが、
「指標が上昇(あるいは下降)トレンドを表している」ってどういう状態なの?
というご意見をいただきましたのでそのことについて少々触れておきたいと思います。

トレンドの判断としてはその人なりの基準が様々にあるものですが、
これからFXを始めるという方にとっては何も手がかりがないと自分なりの
基準を探すのも難しいかと思います。

そこで定番のトレンド判断方法として移動平均線
を使ったものをご紹介したいと思います。

どこかしらのFX会社で口座を開設してチャートを開くと
もともと移動平均線が表示されているものもありますし、
最初から表示はされていなくても「テクニカル指標」と表示されているボタンをクリックすると
その中に「移動平均線」を見つけることが出来るかと思います。

で、FX会社にもよりますが、「短期・中期・長期」のように3種類の
移動平均線を選ぶことが出来るようになっているものが多いかと思います。

それぞれ「期間」を好みで選べるようになっていますが、
とりあえずはデフォルトの設定でよろしいでしょう。
DMM FXのようにデフォルト設定がないものならば、
短期(10)中期(25)長期(75)あたりで試してみましょう。

はい、これでチャートに移動平均線が表示されましたね?
波調がことなる3種類の曲線がチャート上に描画されているのを確認できるかと思います。

ここからいよいよトレンドの判断です。
基準はカンタン。

ローソク足の終値が移動平均線より上にあれば上昇トレンド、
同様に、下にあれば下降トレンド。

これだけです。

ご注意いただきたいポイントは終値がどの位置にあるか
ということです。終値ですよ!終値!

で、短期の移動平均線を上回って(下回って)いれば短期的には上昇(下降)トレンド。
同様に中期の移動平均線で中期トレンドを、長期のもので長期トレンドを判断します。

けっこう長くなりましたので、とりあえずはこのへんで…

本日の経済指標



本日の注目は18:00発表のユーロ消費者物価指数(速報値)あたりでしょうか。
ユーロ絡みのトレードをする方はご注意ください。

米ドルは…あんまり動かないんじゃないかな〜?
とはいえ、年度末ということもありますし、市場動向には
お互い気をつけましょう!

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう。

posted by 美鶴だお at 16:56 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

トレンドをフォローしろとは言うけれど…

020.jpg


FXに限らず、株式相場などを含む相場に立ち向かう際、
「トレンドを友とせよ」という格言を耳にされたことがあるのではないでしょうか。

まあ、要するに上昇相場なら「買い」で、下降相場なら「売り」でエントリーしろ
ということなわけですが、これ、どう思われますか?

なんだかそりゃまあそうだけど、それができりゃ苦労しないよっていうか、
そもそもトレンドってなんなのって話ですよね。

これは昨日の記事とも関係してくるのですが、どの時間軸のトレンドかってことが大事なんですよね。

ファンダメンタルズ的に見て、ここしばらくは上昇だろうとか、下降だろうとかいうことはできますが、
わたし的には、なんだか曖昧な感じがして、こういう考え方はいただけません(状況にもよりますが)。

あなたがどのFX会社のチャートを使用しているかにもよりますが、
トレンドフォロー型と言われるテクニカル指標が幾つか実装されているかと思います。

代表的なところで言えば移動平均線とかMACDなんかです(この2つはおそらくどのFX会社でもありますよね)。

で、例えばその指標が5分足で上昇トレンドを示していればその時のトレンドは上昇なのですが、
ここで十分にご注意いただきたいのがそのトレンドはあくまで5分足についてのものである
ということです。

もし、お急ぎでなければ、その指標が1時間足や4時間足でも上昇トレンドを表しているかを確認してから
エントリーするかどうかを決心することをおすすめします。

なぜなら長い時間足におけるトレンドほど、その力は強いのですから。

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう。

posted by 美鶴だお at 17:21 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きな時間軸でマーケットを見てみるとは?

024.jpg


本日は土曜日でマーケットが開いていないので、過去記事のつづきをひとつ…。

上記の過去記事で、FXのトレードをするときには時間軸を十分に意識しましょう的なことを
書いたのですが、意識するってどうやって?と思われた方にもう少し補足を書いてみたいと思います。

例えば、あなたがデイトレード主体でやっていて、チャートは5分足をメインに
見ていたとします。

で、チャートをじっと睨んで「ここだ!」ってとこで売った(あるいは買った)とします。
あなたの思惑通りプライスは5pipsほど下がった(あるいは上がった)とします。

「よしっ!」と思ったのもつかの間、
その後、チャートは逆方向になんか私に恨みでもあんのかってくらい走って行く…

こんな経験ありませんか?

「なんでここで曲がっちゃうの?」「特に経済指標の発表もないよね?」

不思議ですよね、うん、不思議です。

でもね、きっとあるんです。
そこでチャートが曲がっちゃう理由が。

その理由はあなたが見ているものより大きな時間軸の
チャートに隠されているかもしれません。

1時間足、4時間足あるいは日足のチャートを見てみてください。
何か理由が見つかりませんか?

5分足ではなんにも邪魔するものがなかったチャートが
1時間足では移動平均線にバッチリ下支えされていたりするものです。

そして、5分足の移動平均線に比べて、1時間足の移動平均線はずっと頑丈にできているものです。

な〜んだ、そんな当たり前の話か、と思った方はFXでそこそこ勝てているのではないでしょうか。

この話を読んでもしあなたが「えっそうなの?」と思ったならば、
ご自身の過去の取引で「なんであの時値動きが反転したんだろう」という箇所を
見なおしてみてください。

あなたが普段見ていない、大きな時間軸のチャートで答えが見つかるかもしれませんよ。

※この記事は投資を勧めるものでも、特定の投資手法を勧めるものでもありません。外国為替証拠金取引を行う際には自己責任で行い、十分なリスク管理をお忘れなきよう。

posted by 美鶴だお at 16:49 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。