2014年11月30日

これからFXを始める方は恵まれている?

019.jpg


こんばんは。

土日は外国為替市場がお休みなので、ゆっくり過ごせますね。
というわけで、経済指標も特にお知らせするものはないので、本日は現在のFX取引の恵まれた環境についておとどけしたいと思います。

FX取引をするにあたって頭に入れておかなければならないものに取引コストというものがあります。

この取引コストの中には
@手数料
Aスプレッド

のふたつが含まれます。

@手数料


まずは手数料についてですが、これは売買をするたびにFX業者に支払う取引手数料です。
例えばドル円を1万通貨(1Lot)買うと100円、それを決済するときも100円といった具合ですね。
上記の例ですと、トータルで200円の手数料がかかります。
それだけ聞くとたいした額ではないのですが、10万通貨を買って決済すると2000円になるわけです。
利益が出た時ならまだいいのですが、損失が出た時でももちろん同じ額の取引手数料がかかるので、正直精神的に辛いです(つд⊂)エーン

なのですが、さきほども書いたように、これからFXを始める方はホント恵まれてますよ。
なぜってこの厄介な取引手数料がいまはほとんどの業者で無料になっているのですから。
2000円の手数料を20日分(1ヶ月のおおよその取引日数)掛けるとなんと4万円!
4万円かかっていた手数料がタダになるわけですから、これだけ考えても昔よりどれだけお得で有利かがご理解いただけるかと思います。

例えばヒロセ通商【LION FX】とかDMM FXなどは取引手数料が無料の業者さんです。
ヒロセ通商さんは2014年度オリコン顧客満足度第1位ですし、DMMFXさんは取引高世界第2位ということで、どちらも非常に人気が高い業者さんであることがわかります。
他にもたくさんありますが、この2社は初心者の方にも使いやすいんじゃないかと思います。

Aスプレッド


スプレッドというのは簡単に言いますと通貨を買う時(ask)と売るとき(bid)の差額のことです。
たとえば

ドル円
売り(bid)105.500 買い(ask)105.510

と表示されている場合売りと買いの間に1銭(1pips)の開きがありますよね。
このときドル円を買うと当然105.510円で買うわけですが、その瞬間に売ってもすでに105.510-105.500=0.010円の損失が出るわけです。

まあ1pipsですと1万通貨の取引をしていたとしても損失はたったの100円なのですが、これも先ほどの話と同じで取引通貨が10万通貨の取引だと1000円になりますし、取引単位が小さくても、回数が重なるとそれなりに無視できない金額になってきます。

いろいろ調べてみると、以前はスプレッドが10pipsなんていうのがけっこう当たり前だったようで、それはつまり1万通貨の注文が通った瞬間に1000円の損が、10万通貨だと10000円の損!が含まれたということです(T_T)

で、このスプレッドなんですが、こちらも現在はかなり縮小されておりドル円ですと0.3pipsというところがけっこうあります。
10pipsの時と比べたら33分の1ですよ!
さらにはドル円のスプレッドが0.27pipsSBI FXトレードなんて業者まででてきちゃって、ほんとにすごい時代になったもんです。

まとめ


いかがだったでしょうか。
今回取り上げた手数料やスプレッドはFXの口座を解説するときのひとつの目安になるのではないでしょうか(もちろんそれが全てではありませんが)。
もらえるお金は多いほうがいいですが、払うのは少ない方がいいに決まってますもんね(ΦωΦ)フフフ…

※この記事はFX取引(外国為替証拠金取引)を勧めるものでも、特定のトレード手法を勧めるものでもありません。お取引の際は余裕資金を使い、自己責任でお願い致します。

posted by 美鶴だお at 20:32 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

【11/28】本日の経済指標

035.jpg


本日夜発表の経済指標で目立つものは以下の様なところです。

19:00 ユーロ 11月消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)◎ 0.3% 0.4%
22:30 カナダ 9月月次国内総生産(GDP)(前月比)◎ 0.4% -0.1%
22:30 カナダ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)◎ 2.1% 3.1%(3.6%)


※重要なものだけピックアップしています。
※発表時刻→発表内容→重要度(◎→○→△の順で左ほど重要です)→予想数値→前回数値
の順で表記してあります。

いちおう市場的には重要扱いの指標となっていますが、個人的には
カナダのものはあまり注目しておりません。
私の主観ですが、カナダの指標はそれほど市場にインパクトを与えた
記憶が無いもので…。

とはいえ、ディールする通貨によってはそれなりに影響があると
思われますので、ご自身がメインでやっていこうと思う通貨が決まるまでは
ひと通りの指標とその前後の通貨の動きにはやはり注目しておくべきでしょう。

posted by 美鶴だお at 13:56 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

【11/27】本日の経済指標

本日は目立った経済指標の発表はありません。

さらに11月の第四木曜日である本日はアメリカの
感謝祭
(Thanksgiving Day)ということで、為替の値動きは
小さめになるものと思われます。
ニューヨーク市場が動き出す日本時間の21時頃からの動きが
普段と比べてどれくらい弱いかを見ておくのも今後のために
無駄にはならないでしょう。

このように日本人にとっては平日でも、海外での祝日は
為替に影響を及ぼします。

ですので、アメリカやイギリスの祝祭日は把握しておかれることを
おすすめします。
※ロンドン、ニューヨーク、東京が世界の三大マーケットと呼ばれています。

posted by 美鶴だお at 10:49 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

【11/26】本日の経済指標

035.jpg
先日は経済指標についてお話しましたが、22:30に発表された
アメリカの7-9月期四半期実質国内総生産はご覧になられましたか?
予想は+3.3%だったのに対して、結果は+3.9%というものでした。
必ずしもそうとはいえませんが、基本的に強い数字が発表されると
円安方向に値段が動く傾向にあります。

で、実際の値動きはどうだったかといいますと、
15分足(15分単位で値動きを見るチャート)で見ますとそれまでの5時間くらいは
15分あたり6〜15pipsほどの動きしかないのに比べて、22:30〜22:45の期間は
27pipsもの動きがありました。

もちろん円安方向への値動きでした。
ただし、その後反転して現在まで円高方向へ緩やかに値段が動いています。

この結果からもわかるように重要な指標の発表直後は、明らかにそれまでとは
異なる大きな値動きが見られますので、注意が必要です。

どんな注意かはまたおいおいお話していきたいと思います。
とりあえず損切り(ロスカット、プロテクティブストップなどとも呼ばれます)
注文を入れておくことはお忘れなく。

本日の経済指標


18:30 イギリス 7-9月期四半期国内総生産(GDP、改定値)(前年同期比)◎ 3.0% 3.0%
18:30 イギリス 7-9月期四半期国内総生産(GDP、改定値)(前期比)◎ 0.7% 0.7%
22:30 アメリカ 10月個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)◎ 0.2% 0.1%
24:00 アメリカ 10月新築住宅販売件数(前月比)◎ 0.7% 0.2%
24:00 アメリカ 10月新築住宅販売件数(年率換算件数)◎ 47.0万件 46.7万件
※重要なものだけピックアップしています。
※発表時刻→発表内容→重要度(◎→○→△の順で左ほど重要です)→予想数値→前回数値
の順で表記してあります。

特に今回はアメリカの指標が22:30、24:00と続くので、一連の流れで
どのように動くのかをご覧になってみてください

posted by 美鶴だお at 17:28 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

FX口座への入金について

前回、前々回とFXの口座開設と経済指標について書いてきました。
口座開設についてはコチラ
経済指標についてはコチラ

行動の速い方ならばすでに口座開設の申込をされたかもしれません。
投資の世界では(どんな世界でもですが)行動の速さは非常に重要です。

投資は全て自己責任。
知らないうちに情報が過ぎ去ってしまっても誰も助けてはくれません。

常にアンテナを張り続け、「これは」と思ったことには
即アクションを起こすことです。

まあ偉そうなことを書きましたが、私自身に対する
戒めみたいなもんなんですけどね(*ノω・*)テヘ

さて、取引口座を作ったらそこに入金をしなければなりません。
1Lotの取引に必要な証拠金は今ならドル円で4万6千円くらいですね。

私はいつもだいたい5万円単位で入金しています。
キリの良い数字で入金しておくと資産の増減がぱっと見て
わかりやすいからなんです。

で、いざ入金なんですがだいたいどこのFX業者もクイック入金というサービスが
用意されていてオンラインでご自身の銀行口座から即時入金できるように
なっています。

普段から使用されている銀行口座のオンラインサービスを使っても全然
問題ないんですが、私はFXの取引口座に入金するための銀行口座を別で
作って使用しています。

公共料金の引き落としなどの日常の使用ときっちり切り分けて資金を管理したいからです。
また、普段使用している銀行口座にオンラインバンキングのサービスを登録していなかった
というのもあります。

そこで私が選択したのが楽天銀行です。ネット銀行なので当然オンラインバンキング前提の
サービスになっていますし、普段の買い物で楽天市場を利用している方ならば様々なメリットが
ありますので、FXのみならず、そちらの観点でもおすすめです。

ものごとを見るときに一つだけでなく2つ3つとメリットを同時にとれるものを選ぶ。
これも投資をしていく上でとても役立つ心がけですよ(*´∀`*)
タグ:情報 投資 FX

posted by 美鶴だお at 19:04 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11/25】本日の経済指標

FX取引を行うにあたって無視できないのが経済指標の存在です。

チャートを見ていて「今日はあんまり動かないな〜」なんて
油断していると、突然動き出して大慌てするはめになっちゃうのです。

かく言う私も最初は経済指標の存在を全く気にしておらず、
なんとなくぼんやりと取引をしていると、常軌を逸した速度で伸びていく
陰線(価格が下るときにチャートに現れる線)に涙をのんだ経験があります。

というわけで、前回の記事を読んで口座を作られた方は(まだ口座開設が済んでいなくてもチャートは見れます)早速取引してみるのもいいのですが、まずは下記の経済発表がある時間にチャートがどのように動くのかをご覧になってみてください。

発表時刻→国
発表内容→重要度(◎→○→△の順で左ほど重要です)→予想数値→前回数値
の順で表記してあります。

発表されたあとでもチャートを見て動きの結果を見ることはできますが、
時間的に可能ならば、発表時刻の10分ほど前から見てみることをおすすめします。

2014年11月25日発表の経済指標


16:00 ドイツ
ドイツ 7-9月期国内総生産(GDP、改定値)(前期比) ◎ 0.1% 0.1%
16:00 ドイツ
ドイツ 7-9月期国内総生産(GDP、改定値)(前年同期比)◎ 1.2% 1.2%
18:30 南アフリカ
南アフリカ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)○ 1.4% 1.0%
18:30 南アフリカ
南アフリカ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)○ 1.5% 0.6%
22:30 米国
米国 7-9月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比年率)◎ 3.3% 3.5%
22:30 カナダ
カナダ 9月小売売上高(除自動車)(前月比)○ 0.3% -0.3%
22:30 カナダ
カナダ 9月小売売上高(前月比)○ 0.5% -0.3%
23:00 米国
米国 9月ケース・シラー米住宅価格指数○ 173.28 173.66
23:00 米国
米国 9月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比)○ 4.6% 5.6%
24:00 米国
米国 11月リッチモンド連銀製造業指数○ 16 20
24:00 米国
米国 11月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)○ 96.0 94.5

とりあえず今夜はアメリカの7-9月期四半期実質国内総生産に注目してみましょう。

発表前後の時間帯と明らかに異なる動きを見て取れるはずです。

先程も書きましたが、取引口座を開設していなくても
見れるチャートはあるのですが、機能が制限されていたりするので
まだどこのFX口座も持っていないという方はいくつか開設されておくことを
おすすめします。

口座の開設自体は基本的に無料でできますし、各社がキャンペーンを
よくやっているので、その期間に開設すればキャッシュバック
などの特典ももらえます。

たとえば外為ジャパンですと今なら1万円のキャッシュバック
という太っ腹なキャンペーンをやっていますし、DMM FXでも同様に
1万円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックが目的で口座を開設するわけではありませんが、
どうせならもらえるものは貰いたいですよね(´∀`*)ウフフ

posted by 美鶴だお at 16:05 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

FX始めるならデモ口座から、が正解?

デモ口座からのスタートはベストな選択か?



FXをはじめてみようと思ってネットなどを調べてみると
「まずはデモ口座から始めてみよう」という話をよく見かけます。

なるほど、デモ口座ならもし負けても損失はないし安心ヽ(=´▽`=)ノと
思って最初は作りましたよ、私もデモ口座。

でもって安心して取引をはじめました。

結果はというと、自分で言うのもなんですがけっこううまくいきました。

で、気を良くして「なんだFXなんて簡単じゃん、本口座作ってひとやま儲けますか!」
と調子に乗って大きな額で取引を始めたのが運の尽き…

いまはレバレッジ(簡単に言うと倍率のこと)が20倍までに制限されていますが
あの頃は個人でもレバレッジ100倍で取引できたので、それはもうとんでもないことになりました。

もちろん悪い方のとんでもないことです。

デモ口座の時ならば冷静に損切りや利益確定ができていたはずなのに
いざ自分の現金が猛スピードで増えたり減ったりする様子を見て
手にはじっとりと汗が滲み、頭は真っ白。

少しでも利益が出ればすぐに利益確定してしまい、
逆に損失が出始めると「いつか戻ってくるはず」と根拠の無い
願いにしがみつき、資産は減っていくばかり…

最終的には強制ロスカットというもっともお恥ずかしいところまで
いってしまいました(*ノωノ) イヤン

「なぜ、どうして?デモ口座ではあんなにうまくいっていたのに…」

この時やっと私は気づいたのです。
FXをするにあたってもっとも重要なのは

メンタルなのだ

ということに。

デモ口座でどれだけうまく取引をして操作方法に慣れたからといって
メンタルは全く鍛えられません。

じゃあどうすりゃいいの(*´・ω・)(・ω・`*)ネーって話になるんですが、
私の、あくまで私個人の考えなのですが、1000通貨単位で取引の練習を
するのがいいと思っています。

たとえば、1万通貨単位(いわゆる1Lot)で取引をしている時に
為替に1円の動きがあるとそれだけで自分の資産額に1万円
増減が発生します。

最近の相場は非常に動きが盛んなので、1日で1円くらい軽く動いちゃいます((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

けれども、私がさっき言ったように1000通貨単位での取引ならば為替の1円の動きでも
自分の資産額には1000円の変化しかありません。
とはいえ、実際1000円儲かったり、損したりするわけですから
デモ口座とは比べ物にならない緊張感を持って
真剣に相場に取り組むことが出来るというわけです。

今ではほとんどのFX業者で取引手数料が無料になっていますが、
無料の条件として1万通貨以上の取引が定められているところが多いです。
注文が通るたびに手数料を取られるのは厳しいので、
1000通貨での取引でも手数料を取られない業者
たとえば外為ジャパンさんなんかはオススメです。

ちなみに、というかけっこう大事なことなんですが
外為ジャパンさんでは来年2015年1月31日までキャッシュバックキャンペーンをやっていて
口座開設をして一定の条件を満たせば
10000円ももらえちゃいます。

口座を作るのは無料でできるので、まだ口座をお持ちでない方は
ぜひどうぞ。

私はすでに外為ジャパンの口座を持っているのでこのキャンペーンには参加できませんけどね(´Д⊂グスン
タグ:副業 お得 投資

posted by 美鶴だお at 19:04 | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。